page contents

knitmarie

編み物、紡ぎをメインとした手仕事の活動記録。

制作日記

本の紹介「1年中楽しめる透かし編みの模様82」

シェットランドレースをちゃんと編んでみたいということで発注していた「1年中楽しめる透かし編みの模様82」という本が届きました! (↓過去記事) 洋書を翻訳したものということで、パラパラとみていたのですが、思った以上にいい買い物をしたなぁ という…

植物モチーフ用のリネンの紡ぎ

先日作り始めた、シルクノイルのマフラーにつける植物モチーフのフリル用に、ベルギー産リネンを追加で紡ぎ始めました。 とりあえず30g分紡ごうと考えています。 リネンは一本一本の繊維がストレートで長くて、髪の毛と見間違うほど サンプルで作った際は、…

エプロンワンピース/本の紹介「CHECK & STRIPE FLORAL」

久々にソーイングで、綿麻の生地を使ってエプロンワンピースなるものを作りました。 基本的に洋服は、綿か麻の天然素材を使ったものしか作らないので、参考にする本も自然とそういった雰囲気のものが手元に集まってきます。 今回、参考にしたのは以前、古本…

紡いだシルクノイルで作ったマフラーと植物モチーフのフリル

台風一過で、風が強くて外は寒かったけど、今日はほのぼのとしたいい天気で気持ち良かったです。 以前サンプルで作ったシルクノイルの糸が思いのほか良かったので、多めに紡いでザクザク編めるドライブ編みのマフラーを作成しました。 久々にたくさん紡ぎま…

シェットランドレースのモチーフ/本の紹介「エストニアのアメイジングニット」

先日に作ったシルクカシミアのマーガレットで使ったアヴリルさんの糸がだいぶ余りました。 どれくらいの量があるのか分からないのがモヤモヤする^^; コーン巻の糸を買ったときは、ちゃんと重さを計っておくことを痛感。 他に何に使おうか…と模索していた…

ロムニー ~紡ぎ日誌~

<ロムニー Romney> 原産はイギリスの沼沢地にあるロムニーマーシュ地方(ケント州とも呼ばれる)。 主にカーペット、ブランケット、オーバーコートやインテリアファブリックに使われる。初心者にも扱いやすく、染めやフェルトにも適し、光沢のある糸を作る…

赤いキッズ用の帽子とミトン

以前、大量に入手した赤い毛糸でカーディガンを編もうとしていたのですが、まだ独学で編み物を進めていたこともあり、ゲージが均一にならなかったり、デザインの感じと毛糸の雰囲気が合わなかったりで、結局ほどいたまま放置していた状態でした。 それをどう…

祖母の米寿祝いに:アヴリルさんのシルクカシミアを使用した波模様のマーガレット

先日88歳の米寿を迎えた祖母のプレゼントとして、黄色いちゃんちゃんこならぬ、黄色いマーガレットを編みました。 誕生日ギリギリに仕上がり、祖母は離れて住んでるため発送するのにバタバタで、いい写真が取れなかった。。 参考にしたのは、風工房さんの毎…

本の紹介「キッチンでできる草木染めレッスン帖」

なかなか出来ずにいるのですが、紡ぎに使う羊毛は生成り、特に白が多いため、染色をするために草木染めにも挑戦したいと前々から思っています。 今後の方向性として、天然素材で安心、安全な作品づくりをしたいというイメージがなんとなくあるので、染めも化…

ポロワス ~紡ぎ日誌~

<ポロワス Plowarth> オーストラリアのビクトリアやタスマニアなど、東南海岸沿いの雨の多い地域に生息。 リンカーンとメリノを交配し、さらにもう一度メリノを掛け合わせた羊種。肉も毛も採れるので、牧場での収入源になる。 マフラーやショールに適して…

サウスダウン ~紡ぎ日誌~

<サウスダウン Southdown> ダウン種の中で最も細くて柔らかい。クリンプが深く、強い反撥力を持っている。羊毛ふとんの原料として多く使用されている。また、ペーパーフェルトの原料としても有名で、英国銀行の紙幣印刷には欠かせない紙幣用製紙フェルトの…

スカンジナビア ~紡ぎ日誌~

アナンダさんで購入した「スカンジナビア」という名前の羊毛を紡ぎました。 調べたところ、スカンジナビアという品種のものはない様子。 名前から、北欧に生息している羊、なのかな? 見た目はゴワゴワしていて、硬くザラついた肌触り。 以前、編み込み模様…

毛糸や原毛の重さ測定用のデジタル計り

紡ぎ用の原毛の重さを調べたり、セーターを作る時など編んだゲージの重さに基づいて毛糸を買う量を決めたりするために、けっこう計りが登場するシーンがあります。 これまで使っていなかったアナログ表記の計りを使っていましたが、やはり細かい目盛りまで載…

リネン ~紡ぎ日誌~

時期的に夏の間にやりたかったので、ちょっと遅かったかもですが… ずっとやりたいと思っていたリネンの紡ぎに挑戦しました。 アナンダさんで販売していたベルギー産のリネントップです。 グレーや銀色がかった色なのかと思っていたところ、実際の色は抑え気…

シルクノイル ~紡ぎ日誌~

今回は初のシルクを紡ぎました。 <シルクノイル Silk Noil> 繊維が短く、ぶつぶつとした白や黒いつぶが入っている。木綿のような手触り。 ノイルとは、長い繊維を梳いたときに落ちる、短毛のこと。 織り糸にはもちろん、2本撚りにしてセーターに編むと、体…

アルパカ ~紡ぎ日誌~

<アルパカ (Alpaka)> 南米ペルーや、アルゼンチン北部などのアンデス高原に生息する。 繊維はとても細く柔らかく、光沢がある。ナチュラルカラーの種類が豊富である。羊毛に比べ、伸縮性に乏しいが、軽く暖かく、丈夫で毛玉になりにくい。 今回は、羊毛以…

チュビオット ~紡ぎ日誌~

<チュビオット Cheviot > 原産地はスコットランドといわれる。現在はスコットランドとイングランドの国境にある、チュビオットヒルズやサウスウェールズなどの他に、スカンジナビア、南北アメリカ、ニュージーランドに分布。 補助飼料なしでも山岳地で生息…

タティングレースの糸処理/手芸用ボンド

これまで、手芸用ボンドというのを使ったことがなかったのですが、 タティングレースの糸処理に必要なため、初めて手芸屋さんで購入しました。 売り場に行ってみると、思っていた以上に色んな種類が置いてあり、迷いましたが、タティングレースの細い糸に対…

ケーブル模様のキャミ&ベスト

久々に編み物の制作日記です。 以前にも紹介していた本、「今すぐ編んで着たいナチュラルニット」より ケーブル模様のキャミ&ベストです。 夏っぽいものをと思い手をつけてみましたが、 糸は毛と綿の混合で、真夏に着るのはちょっと暑い。 トップスに重ね着…

真っ白なタティングレースのドイリー

前回紹介した「優しいタティングレース」の本より、 直径20cmほどの白いドイリーを編んでみました。 かかった時間は一週間くらいでしょうか。 ハマりだすと止まらなくなってしまう… 糸が細いので、集中してずっとやっていると、目がかなり疲れてきます。 真…

本の紹介「優しいタティングレース」

最近、タティングレースを始めました。 シャトルと呼ばれる小さい道具を使って、レースを編んでいきます。 かぎ針を使ったレース編みと同じようなものなのかと思っていたら仕組みが全然違っており、慣れるまで少し苦戦しました。 もともと人から教わる機会が…

ジェイコブ ~紡ぎ日誌~

久々の更新となりました。 今回は羊毛のジェイコブ(ジャコブ)です。 〈ジェイコブ(ジャコブ)Jacob〉 グレートブリテン島に広く分布している、茶と白のブチ模様を持つ品種。起源は古く、古代メソポタミアの脂尾(FAT‐Tailed種・尾部に脂肪を蓄えて肥大し…

メリノ×モヘア 〜紡ぎ日誌〜

今回は羊毛のメリノと、段染めになったモヘアの混合を紡いでみました。 <メリノ Merino> スペイン原産。 メリノは世界各地に一斉に輸出される時期があったが、湿気に弱く放牧に適する品種のため、現在はオーストラリアや、南アフリカで定着している。 脂の含…

コリデール 〜紡ぎ日誌〜

年越しにかけて、濃茶ベースに少量の他の色がミックスされたコリデールの羊毛を紡ぎました。 <コリデール Corriedale > 雨や湿気に強く、太く光沢に富んだ毛を持つリンカーンと、乾燥に強く、頑強な体格で毛が最も細い特徴のメリノを交配させて出来た羊種…

毛糸の太さが測れるWPIツール

新年あけましておめでとうございます。 昨年は手仕事を生業にすることを本格的に考え始め、少しずつですが編み物、紡ぎ、刺しゅうの技術を学ぶことができました。 全部書ききれていない作業もありますが、書くことでやってきた事の整理や、見返したときに復…

シェットランド ~紡ぎ日誌~

この年末年始は、羊毛を品種別にいくつか取り寄せたので紡ぎ比べをしてみようと思っています。 アナンダさんで注文した原毛。 後ろ左から、コリデール、シェットランド、アルパカ 前左から、メリノとモヘアの混合、ジャコブ 昨日、今日とは、シェットランド…

段染めで紡いだ糸でコースターを作りました

以前、東京スピニングパーティーというイベントで購入した色々なカラーの混ざった羊毛での紡ぎにチャレンジしてみました。 お店の人に少し固めに出来ていると聞いて、小さめにちぎり、ほぐしながら紡いでみました。 紡いでいる所を載せたいのに、ついつい熱…

久々の紡ぎでやり方を間違える

紡ぎ車は普段使ってない部屋に置いているのですが、暖房がないため寒いのを口実に最近は手を付けていない状態が続いていました… それが、家の他の場所で使ってた石油ストーブがあまったので、設置し久々に再開しました。 ロムニーの羊毛をボビン1本分紡いだ…

22種の刺しゅうレッスンクロス〜フェリシモ クチュリエより

全6回で続けていたフェリシモの通信講座 『22種のステッチをしっかりマスター 刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」 レッスンの会』 各レッスンに付属していた、刺しゅうのレッスンクロスが完成しました。 1回につき3~4種類の刺しゅう技法が学べるのですが…

北欧模様のグリーンのセーター

だいぶ更新が途絶えていましたが、 この期間はヴォーグ通信のソーイングに力を入れたり(ソーイングは追って更新予定)、本記事の北欧模様セーターの製作に時間を使っていました。 こちらも以前、赤いカーディガンを作ろうとしていた風工房さんの本からのピッ…