page contents

knitmarie

編み物、紡ぎをメインとした手仕事の活動記録。

紡ぎ日誌

ロムニー ~紡ぎ日誌~

<ロムニー Romney> 原産はイギリスの沼沢地にあるロムニーマーシュ地方(ケント州とも呼ばれる)。 主にカーペット、ブランケット、オーバーコートやインテリアファブリックに使われる。初心者にも扱いやすく、染めやフェルトにも適し、光沢のある糸を作る…

ポロワス ~紡ぎ日誌~

<ポロワス Plowarth> オーストラリアのビクトリアやタスマニアなど、東南海岸沿いの雨の多い地域に生息。 リンカーンとメリノを交配し、さらにもう一度メリノを掛け合わせた羊種。肉も毛も採れるので、牧場での収入源になる。 マフラーやショールに適して…

サウスダウン ~紡ぎ日誌~

<サウスダウン Southdown> ダウン種の中で最も細くて柔らかい。クリンプが深く、強い反撥力を持っている。羊毛ふとんの原料として多く使用されている。また、ペーパーフェルトの原料としても有名で、英国銀行の紙幣印刷には欠かせない紙幣用製紙フェルトの…

スカンジナビア ~紡ぎ日誌~

アナンダさんで購入した「スカンジナビア」という名前の羊毛を紡ぎました。 調べたところ、スカンジナビアという品種のものはない様子。 名前から、北欧に生息している羊、なのかな? 見た目はゴワゴワしていて、硬くザラついた肌触り。 以前、編み込み模様…

リネン ~紡ぎ日誌~

時期的に夏の間にやりたかったので、ちょっと遅かったかもですが… ずっとやりたいと思っていたリネンの紡ぎに挑戦しました。 アナンダさんで販売していたベルギー産のリネントップです。 グレーや銀色がかった色なのかと思っていたところ、実際の色は抑え気…

シルクノイル ~紡ぎ日誌~

今回は初のシルクを紡ぎました。 <シルクノイル Silk Noil> 繊維が短く、ぶつぶつとした白や黒いつぶが入っている。木綿のような手触り。 ノイルとは、長い繊維を梳いたときに落ちる、短毛のこと。 織り糸にはもちろん、2本撚りにしてセーターに編むと、体…

アルパカ ~紡ぎ日誌~

<アルパカ (Alpaka)> 南米ペルーや、アルゼンチン北部などのアンデス高原に生息する。 繊維はとても細く柔らかく、光沢がある。ナチュラルカラーの種類が豊富である。羊毛に比べ、伸縮性に乏しいが、軽く暖かく、丈夫で毛玉になりにくい。 今回は、羊毛以…

チュビオット ~紡ぎ日誌~

<チュビオット Cheviot > 原産地はスコットランドといわれる。現在はスコットランドとイングランドの国境にある、チュビオットヒルズやサウスウェールズなどの他に、スカンジナビア、南北アメリカ、ニュージーランドに分布。 補助飼料なしでも山岳地で生息…

ジェイコブ ~紡ぎ日誌~

久々の更新となりました。 今回は羊毛のジェイコブ(ジャコブ)です。 〈ジェイコブ(ジャコブ)Jacob〉 グレートブリテン島に広く分布している、茶と白のブチ模様を持つ品種。起源は古く、古代メソポタミアの脂尾(FAT‐Tailed種・尾部に脂肪を蓄えて肥大し…

メリノ×モヘア 〜紡ぎ日誌〜

今回は羊毛のメリノと、段染めになったモヘアの混合を紡いでみました。 <メリノ Merino> スペイン原産。 メリノは世界各地に一斉に輸出される時期があったが、湿気に弱く放牧に適する品種のため、現在はオーストラリアや、南アフリカで定着している。 脂の含…

コリデール 〜紡ぎ日誌〜

年越しにかけて、濃茶ベースに少量の他の色がミックスされたコリデールの羊毛を紡ぎました。 <コリデール Corriedale > 雨や湿気に強く、太く光沢に富んだ毛を持つリンカーンと、乾燥に強く、頑強な体格で毛が最も細い特徴のメリノを交配させて出来た羊種…

シェットランド ~紡ぎ日誌~

この年末年始は、羊毛を品種別にいくつか取り寄せたので紡ぎ比べをしてみようと思っています。 アナンダさんで注文した原毛。 後ろ左から、コリデール、シェットランド、アルパカ 前左から、メリノとモヘアの混合、ジャコブ 昨日、今日とは、シェットランド…